アイティーエム

目次

アイティーエムの強み

アイティーエムの強みは、マウス腸骨リンパ節法を使用するモノクローナル抗体。特許取得者よりライセンスを受けているので、腸骨リンパ節法を用いたハイブリドーマの確立にも、安心して利用することができます。


モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

アイティーエムのモノクローナル抗体作製受託サービス

モノクローナル抗体作製受託サービスの概要

マウス腸骨リンパ節法を使用するアイティーエムのモノクローナル抗体は、従来の脾臓法では3カ月かかっていた納期も大幅に短縮されています。また、必要な抗体が得られる可能性の有無を事前に確認することができる、低価格なチャレンジコースもあります。

モノクローナル抗体作製受託サービスの特長

短期間でモノクローナル抗体を作製

アイティーエムでは、重井医学研究所の特許ライセンスを受け「マウス腸骨リンパ節法」を標準使用。従来の脾臓法では3カ月かかっていた納期も最短14日間に短縮されています。また、納品されたハイブリドーマの所有権は発注者に帰属しますので、安心して利用できます。

作製困難なモノクローナル抗体に実績

アイティーエムのモノクローナル抗体取得サービスは、一般的なタンパク質はもちろん、抗イディオタイプ抗体や抗膜タンパク質抗体など、作製が困難とされるターゲットでの実績も多数。また、抗体作製が難しい抗原を検討中の場合は、必要な抗体を得られる可能性を1か月以内で確認することができるチャレンジコースも用意されています。

動物実験に対する取り組み

日本医薬情報センターの動物実験実施施設認証を取得しているアイティーエムでは、動物実験委員会を設置。動物実験にあたっては「動物実験3Rの原則」に基づいた適正なものであるかを審査しています。また、研究員が適正に動物を取り扱えるよう、教育訓練計画に則って技術の向上に取り組んでいます。

モノクローナル抗体取得サービスの技術力

安心して利用できるモノクローナル抗体 アイティーエムのモノクローナル抗体取得サービスに用いられるマウス腸骨リンパ節法は、重井医学研究所が開発した日本国特許(特許第4098796号)技術。微量な抗原量でも作製可能な点や陽性ウエルからのクローニングの成功率の高さなど、従来の脾臓を用いる方法よりも高効率を実現する画期的な技術です。

また、通常法よりも多様な抗体を得ることができるため、優れたクローンが得られる可能性も増大します。アイティーエムでは、特許取得者の重井医学研究所とのライセンス契約によりサービスを提供していますので、ハイブリドーマの確立を含め、その作製物も安心して利用することができます。

アイティーエムの会社情報

会社名 株式会社アイティーエム
取得可能な動物 マウス・ラット
本社所在地 長野県松本市中山7407
電話番号 0263-50-8822
公式サイト https://itm-fusion.co.jp/

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?