TOP » 解決依頼前に見る!抗体取得マニュアル

モノクローナル抗体委託前に
見ておきたい総合マニュアル

目次

医薬品や試験薬、研究用試薬などに応用されているモノクローナル抗体。このページでは、モノクローナル抗体の作成方法や種類・用途、そしてモノクローナル抗体を使った抗体医薬品の特徴などについて詳しく解説しています。

モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の違い

モノクローナル抗体とは、「モノ」という接頭辞が示すように、抗原の特定のエピトープとだけ反応する抗体のみで構成させた抗体です。作製方法としてはハイブリドーマ法、培養法、シングルセル法、ライブラリー法などがあります。

一方、ポリクローナル抗体とは、抗原の様々なエピトープと反応する抗体の混合物です。ポリクローナル抗体は抗原を免疫した動物の血清から精製されます。

モノクローナル抗体と
ポリクローナル抗体の違い
について詳しく見る

モノクローナル抗体の取得方法

モノクローナル抗体の取得方法としては、ハイブリドーマ法、培養法、シングルセル法、ライブラリー法などがあります。

それぞれの手法について簡単にまとめると、ハイブリドーマ法では、B細胞をミエローマ細胞などに融合させてハイブリドーマを樹立、培養し抗体を取得します。培養法ではB細胞をウイルスなどの増殖因子で増殖させ抗体を取得します。シングルセル法ではB細胞を増殖させずにセルソーターなどで1細胞ずつに分離し、1細胞から抗体を取得します。ライブラリー法では、動物から取得した抗体遺伝子をバクテリオファージを使うファージディスプレイなどの手段でスクリーニングします。

モノクローナル抗体の取得方法
について詳しく見る

モノクローナル抗体の用途

モノクローナル抗体の用途としては、医薬品や診断薬などがあります。医薬品では、免疫チェックポイント阻害剤である抗PD-1抗体の「ニボルマブ」や乳がんにおけるHER-2過剰発現に対して有効な抗がん剤「トラスツズマブ」が代表的です。また診断薬では新型コロナ感染症の抗原キットや妊娠診断薬に使われている「イムノクロマト法」が、モノクローナル抗体の用途として、広く使われています。

加えて、様々な研究や実験などに使われる研究用試薬としても、モノクローナル抗体は広く応用されています。

モノクローナル抗体の用途
について詳しく見る

抗体医薬品に用いられる モノクローナル抗体の種類

モノクローナル抗体には、マウス抗体、キメラ抗体、ヒト化抗体、完全ヒト抗体の四つの種類があります。

マウス抗体は、マウスの抗体産生細胞から作られるモノクローナル抗体です。マウス抗体は人体においては異物となるため、アレルギー反応を引き起こす可能性があり、遺伝子工学によってマウス抗体をより人間の抗体に近づけたのがキメラ抗体、ヒト化抗体、完全ヒト抗体です。

抗体医薬品に用いられる
モノクローナル抗体の種類
について詳しく見る


モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?