TOP » 【特集】最短2日で抗体取得できるEcobody技術

有用な抗体を最短2日で取得可能!
シングルセル法+無細胞抗体発現技術
による「Ecobody技術」とは

目次

「Ecobody技術」とは、免疫した動物から有用な抗体を取りこぼすことなく、短時間で取得・評価することを可能にした技術。このページでは、抗体取得技術の新展開ともいえるEcobody技術について包括的に紹介するとともに、応用可能な動物種やこれまでの実績についても解説しています。

technology_img_01

引用元:iBody株式会社公式サイト(https://www.ibody.co.jp/technology/

 

免疫した動物から、有用な抗体を最短2日で取得できる「Ecobody技術」とは

単一の抗体産生細胞に由来するクローンから取得されるモノクローナル抗体は、抗原に対する高い特異性と親和性を特徴としています。そんなモノクローナル抗体取得の技術といえばマウスを用いるハイブリドーマ法が知られています。

ハイブリドーマ法とは、マウスのB細胞とミエローマ細胞を融合した、ハイブリドーマを樹立して増殖させ、個々のハイブリドーマの産生する抗体をスクリーニングすることで目的抗原に対するモノクローナル抗体を取得する方法です。現在、この手技が簡便であることもあり、ハイブリドーマ法がモノクロール抗体取得技術の主流になっています。

しかし、ハイブリドーマを樹立できる効率の悪さや多くの時間や労力が必要であること、他の動物種に応用しにくいことなどは課題として残されていました。

そこで、ハイブリドーマ法とは異なる抗体取得技術として、動物やヒトから取得したB細胞を増殖させず、そのままセルソーターなどで1細胞ずつ分離し、その細胞一つひとつから、それぞれ個別にPCRで抗体遺伝子を増幅して取得するシングルセル法が試みられるようになりました。

その中でも名古屋大学で開発された「Ecobody技術」は、シングルセル法に加え、無細胞タンパク質発現系という、生きた細胞を使用しない試験管内での反応により抗体を発現させることができる特許技術であり、現在、名古屋大学発ベンチャーiBody社が技術の特許実施権を持ち、その技術を用いた抗体取得サービスや自社での医薬品開発を展開しています。

Ecobody技術による抗体取得の事例として、ウサギからの低分子抗原に対する抗体取得ヒトからの新型コロナウイルスに対する抗体取得など、さまざまな抗体取得への取り組みが報告されています。


モノクローナル抗体作製受託の
「Ecobody技術」について
iBodyの公式サイトで見る

iBodyに電話で
問い合わせる

Ecobody技術が応用できる動物種は?

抗体は、現在はがんや自己免疫疾患、そしてCOVID-19などの感染症の診断薬や治療薬として用いられ、広く人々に認知される存在になりました。こうした抗体が、私たちが健康な生活を送る上でとても重要な役割を果たしており、今後その役割はますます大きくなることが見込まれています。

そんな中、抗体を取得する技術に強みを持つ大学発のベンチャー企業も設立されるなど、他の技術では難しい抗体の独自技術を用いて取得することを通じ、診断や治療の発展など、広くライフサイエンスに貢献する動きも活発になってきました。iBody社もそのような大学発ベンチャー企業の1つです。

同社では、現在はウサギやヒトのモノクローナル抗体の開発に注力しており、そこにEcobody技術を活用していますが、理論上Ecobody技術を用いれば、どんな動物からでもモノクローナルの抗体の取得は可能です。最近では、ウサギやヒトに加え、注目されているラクダ科動物のVHH抗体への応用など技術開発が進められているようです。

モノクローナル抗体の用途は、これからも拡大し続けていくと考えられており、さまざまな動物種からより高機能な抗体をいち早く取得し、安価で製造する技術の開発が求められています。


多様性を維持したまま抗体取得
モノクローナル抗体作製受託の
「Ecobody技術」について
iBodyの公式サイトで見る

実績から紐解く
iBody社の抗体取得サービス

免疫動物として一般的に用いられているマウスからの抗体よりも、高い抗原親和性や特異性、そして多彩な抗原認識能を持つウサギ由来の抗体

ウサギからモノクローナル抗体を取得できるEcobody技術は稀有な技術ですが、すでにこの技術を使った取得実績がいくつもあります。

例えば、低分子抗原に対して特異的に反応するモノクローナル抗体の取得。さらにタンパク質の翻訳後修飾であるリン酸化やわずかなアミノ酸の違いを識別する抗体取得の実績も紹介されています。

低分子ウサギ

引用元:iBody株式会社公式サイト(https://www.ibody.co.jp/technology/

 

また、Ecobody技術によるヒトモノクローナル抗体の取得実績もあります。ヒト抗体は動物由来の抗体と違って、ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性も少ないため、医薬品候補として注目されています。

ヒト抗体取得の例としては、固形がん患者のがん組織からがん細胞へ特異的に結合するモノクローナル抗体を取得した事例や、新型コロナウイルスの変異株に対して中和活性を示す取得した例があります。

ヒトモノクロ

引用元:iBody株式会社公式サイト(https://www.ibody.co.jp/technology/

 

このようなヒトの体内でつくられる抗体は、腫瘍マーカーを識別する治療薬や診断薬などへの応用が期待されます。さらに、自己免疫疾患では異常な抗体が病気を引き起こすケースなども知られており、患者の自己抗体の同定によって、これまで知ることのできなかった疾患の側面を明らかにすることができます。

また、私たちの体内で機能している抗体を同定し解析が進むことによって、免疫のより詳細な情報が解明され、新しい薬の開発や難病などの克服が可能になることが期待されます。


モノクローナル抗体作製受託の
「Ecobody技術」
成功事例について
iBodyの公式サイトで見る

iBodyに電話で
問い合わせる

iBody株式会社の会社情報

  • 所在地:愛知県名古屋市千種区千種2-22-8 名古屋医工連携 インキュベータ417
  • 電話番号:052-753-8654
  • URL:https://www.ibody.co.jp/