TOP » モノクローナル抗体動物種別ガイド

動物種別の
モノクローナル抗体探索ガイド

目次

モノクローナル抗体を取得できる動物は多様で、マウスやウサギ、ニワトリ、ヒトなどから、研究内容や目的に適した動物を選ぶことが重要です。

ここでは、それぞれの動物の種類や特性、モノクローナル抗体の取得方法などを紹介しています。目的に合った動物から、委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体:マウス

マウスを免疫動物として使用している受託会社は多く、ハイブリドーマ法の技術は一般化しており、比較的安価でモノクローナル抗体の取得が可能です。一方、取得された抗体の多様性や抗原親和性、特異性は限定的など課題も抱えています。

マウスから取得できるモノクローナル抗体は、脾臓やリンパ節などの骨髄からB細胞を取り出してハイブリドーマを樹立し、クローニングできるまで、約4〜6ヶ月で作製できるのが特徴です。

マウスモノクローナル抗体作製の
特徴を詳しく見る

モノクローナル抗体:ウサギ

ウサギは、マウスと同様に免疫動物としては一般的です。しかしポリクローナル抗体を作製している受託会社は多くありますが、モノクローナル抗体を作製できる企業は限られています。ウサギのモノクローナル抗体はマウス抗体と比較し多様性、親和性、特異性に優れていることが知られています。

ウサギから取得できるモノクローナル抗体は、ハイブリドーマの樹立が難しいため、個々のB細胞から抗体を作製するシングルセル法やライブラリー法によって作製されます。脾臓や血液から取り出されたB細胞を用いたシングルセル法では、最短1か月程度で抗体を作製・評価できるサービスも提供されています。

モノクローナル抗体:ニワトリ

ニワトリは、マウスやウサギと同様に免疫動物として使用している受託会社は多く、ある抗原に対する特異性と再現性のある抗体を安定的に作製できることが特長です。

ニワトリから取得できるモノクローナル抗体は、ファブリキウス嚢から取り出されたB細胞を使います。最終的に、約4〜6ヶ月ほどでニワトリのモノクローナル抗体が作製されます。

ニワトリモノクローナル抗体作製の
特徴を詳しく見る

モノクローナル抗体:ラクダ科動物

抗体を取得するラクダ科動物にはアルパカやラマがいます。ラクダ科動物の抗体作製受託会社では免疫をせずにディスプレイ法で作製するケースが多く見られます。

ラクダ科動物特有の重鎖抗体の可変領域であるVHH抗体は低分子であり、安定性が高く、微生物を用いた低コストでの生産が可能なことから医薬品としての応用が注目されています。

ラクダ科動物モノクローナル抗体作製の
特徴を詳しく見る

モノクローナル抗体:ヒト

ヒトモノクローナル抗体の作製には、抗原となるウイルスの感染者ワクチン接種者の末梢血リンパ球がんや自己免疫疾患を持つ患者の病変組織に存在するリンパ球などが材料として必要です。

ヒト抗体はシングルセル法や培養法、ライブラリーを用いることで作製されますが、ヒトの免疫応答を引き起こさないため、安全性の高い医薬品としての開発が期待されます。

ヒトモノクローナル抗体作製の
特徴を詳しく見る

モノクローナル抗体:サメ

魚類のモノクローナル抗体の研究は、まだそれほど一般化していませんが、哺乳類の抗体作製で生じる課題を解決できる可能性が期待されています。

特にサメなどの軟骨魚類は、脊椎動物で一般的に見られる獲得免疫の仕組みを最初に進化させた生物です。ヒトのタンパク質の相同性がかなり低く、マウスなどの哺乳類では取得できなかった抗体がサメによって得られるのではないかと考えられています。

サメモノクローナル抗体作製の
特徴を詳しく見る

モノクローナル抗体:その他の動物

ここで挙げた動物以外にも、例えばラットやヤギ、ロバ、ハムスターといった多種多様な動物からモノクローナル抗体を取得できます。腸骨リンパ節法により短納期が期待できるラットや、高い親和性のあるロバやヤギ、多くの遺伝子研究で用いられているハムスターなど、それぞれに特長があります。

動物種によって取得できるモノクローナル抗体には違いがあるので、目的に合ったモノクローナル抗体を取得できる動物種を見つけるのが重要です。

モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?