TOP » 解決依頼前に見る!抗体取得マニュアル » モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の違い

モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の違い

目次

このページでは、モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の違いや、それぞれの特徴について解説しています。

モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の特徴

モノクローナル抗体とは、「モノ」という接頭辞が示すように、抗原の特定のエピトープとだけ反応する抗体のみで構成させた抗体です。作製方法としてはハイブリドーマ法、培養法、シングルセル法、ライブラリー法などがあります。

一方、ポリクローナル抗体とは、抗原の様々なエピトープと反応する抗体の混合物です。ポリクローナル抗体は抗原を免疫した動物の血清から精製されます。

モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の特徴を表にしてまとめると、以下のようになります。

モノクローナル抗体 ポリクローナル抗体
1つのエピトープの抗原に反応する 異なるエピトープと反応する
ハイブリドーマ法、培養法、
シングルセル法、ライブラリー法などで作製する
動物の血清から精製する
作成コストが比較的高価 作成コストが比較的安価
均一な抗体による集合 不均一な抗体による集合

モノクローナル抗体のメリット・デメリット

メリット①:ロット差がなく繰り返しの作製・大量生産が可能

ハイブリドーマ細胞の樹立や目的抗体の遺伝子配列の解析により、一定の特異性を有する抗体を繰り返し作製することが可能です。ロットが変わっても完全に同一な抗体であり、実験の一貫性や同一の水準を保つことができます。

メリット②:生産ロットが変わっても反応性が変わらない

抗原に対して高度に特異的に反応するため、他のタンパク質との交差性はほぼみられず、組織・細胞染色においてバックグランドシグナルが低くなります

デメリット①:費用と時間が掛かる

ポリクローナル抗体と比べ、モノクローナル抗体の作製には高い技術が必要となり、作製にかかる費用も高くなります。

ポリクローナル抗体のメリット・デメリット

メリット①:強いシグナルを得られる

ターゲットとなるタンパク質上の複数のエピトープに様々な抗体が結合するため、同じ抗原分子上にたくさんの抗体が結合することで、結果として強いシグナルが得られます。

メリット②:生産にかかる時間が少なく安価

免疫動物の血液から精製するポリクローナル抗体は作製が容易であり、その費用もです。

デメリット①:ロットごとに特異性が異なる

ポリクローナル抗体では、ロットごとに動物の異なる個体を使わなければなりません。そのため、ロットごとに反応性や特異性に変動があることがあります。


モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?