イワキ

目次

イワキの強み

イワキのモノクローナル抗体取得サービスは、作業のすべてを国内で行う一貫受託を強みのひとつとしており、信頼性の高い安定したサービスの提供が特長。一つひとつの工程をしっかりと押さえた取り組みにより、さまざまなニーズへの対応が可能です。

モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

イワキのモノクローナル抗体作製受託サービス

モノクローナル抗体作製受託サービスの概要

イワキのモノクローナル抗体の作製費用は、一貫受託で900,000円(税抜)※。取得できる動物個体は、マウスとラットです。また、3段階のステップごとの料金設定もあり、抗原感作済みのマウスを預かって行う、細胞融合からの作業にも対応しています。

※参照元:イワキ株式会社
(https://www.iwaki-kk.co.jp/business/bio/drug_discovery/antibody_peptide/mono.html)
・2023年7月1日調査時点のデータ

モノクローナル抗体作製受託サービスの特長

希望の条件でモノクローナル抗体を作製

イワキでは各種小動物から大動物まで、発注者からの要望に応じて抗体作製を行っています。さらに、エピトープ配列の提案や免疫方法の追加免疫や変更などの要望にも迅速な対応が可能であり、納品時には精製データを添付し、最終収量をお知らせします。

信頼性の高い技術で研究をサポート

イワキのモノクローナル抗体取得サービスの優れた点は、一貫受託による安定した技術。抗原調製から免疫、抗体精製など、一連の作業のすべてを国内で行うため、信頼性の高い安定した技術でサービスを提供することが可能です。分散しているサービスをまとめて提供するだけのワンストップサービスとは違う一貫受託で、信頼に応え続けています。

がん幹細胞モノクローナル抗体

がん細胞の増殖を抑制することで、がんの再発を抑制する方法をはじめ、がんを根治する治療法について幅広い開発を行っているジーン・ステム社。イワキでは、ジーン・ステム社のがん幹細胞モノクローナル抗体の供給に加え、血管形成促進と阻害効果を解析するスクリーニング受託や、がん治療薬開発のためのモデル細胞を使用したスクリーニング受託も行っています。

モノクローナル抗体取得サービスの技術力

メリットを活かした幅広い受託サービス 医薬品や化粧品原料の販売をはじめ、機能性食品の原料や化粧品の通信販売とOEMを中心に事業展開するイワキは、健康と食に貢献する商品やサービスを提供する企業。外用消炎鎮痛剤「タイガーバーム」の日本総代理店や医薬品、化粧品、健康食品などの製造会社として知られるアステナホールディングスのグループの中核会社です。

こうしたグループ会社としてのメリットを活かし、研究開発への投資にも積極的であり、モノクローナル抗体の取得事業においてもハイレベルな技術でサービスを提供しています。また、研究用試薬としてジーン・ステム社のがん幹細胞モノクローナル抗体も取り扱うほか、治療薬開発のためのスクリーニング受託も行っています。

イワキの会社情報

会社名 イワキ株式会社
取得可能な動物 マウス・ラット
本社所在地 東京都中央区日本橋本町四丁目8番2号
電話番号 03-6732-6421(代表)
公式サイト https://www.iwaki-kk.co.jp/

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?