医学生物学研究所(MBL)

目次

医学生物学研究所(MBL)の強み

1961年に日本で初めての抗体メーカーとして設立された医学生物学研究所(MBL)では、ファージディスプレイ法およびハイブリドーマ法でのモノクローナル抗体取得サービスを提供しています

モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

医学生物学研究所(MBL)のモノクローナル抗体受託サービス

モノクローナル抗体受託サービスの概要

医学生物学研究所(MBL)では主にウサギを用いたファージディスプレイ法とマウスとラットを用いるハイブリドーマ法に対応しています。納期はそれぞれファージディスプレイ法で7.5~8.5カ月、ハイブリドーマ法で7.5カ月であり、費用は抗体取得の方法を問わず要見積もりとなっています。

モノクローナル抗体受託サービスの特長

経験豊富なスタッフが対応

1961年に国内初の抗体メーカーとして設立された医学生物学研究所(MBL)。同社のモノクローナル抗体作成では、経験豊富なスタッフがヒアリングから作成の最終工程まで責任をもって対応します。予算等の諸条件について質問についてはもちろん、技術的な質問であっても担当スタッフと相談できるのは老舗抗体メーカーである医学生物学研究所(MBL)ならではの特徴です。

ウサギを使用するファージディスプレイ法が得意

医学生物学研究所(MBL)では、ウサギを使用したファージディスプレイ法でのモノクローナル抗体取得サービスを得意としています。生体内におけるB細胞の多様性をそのまま保持した抗体ライブラリーが作成できるのはファージディスプレイ法ならではの特徴であり、モノクローナル抗体取得の方法として一般的に広く使用されているハイブリドーマ法と比べて有効な抗体を取りこぼす可能性が少なくなります。

ハイブリドーマ法にも対応

ウサギを使用したファージディスプレイ法が得意な医学生物学研究所(MBL)ですが、ハイブリドーマ法も対応しており、用途や条件に応じて適切な方法してくれます。

モノクローナル抗体取得サービスの技術力

「未だ治療法が確立されていない病気に挑んでこそ価値がある」という理念の元、1961年に国内初の抗体メーカーとして設立された医学生物学研究所(MBL)。老舗抗体メーカーとして、ハイブリドーマ法によるモノクローナル抗体の取得についての研究を1980年代にすでに始めており、豊富な知識や技術、ノウハウを有しています。

また、CDx開発や組み換えタンパク質生産といった関連・周辺分野で多くのサービスを提供しているのも、老舗抗体メーカーならではの特徴と言えるでしょう。

医学生物学研究所(MBL)の基本情報

会社名 株式会社医学生物学研究所(MBL)
取得可能な動物 マウス・ラット・ウサギ・ファージディスプレイ
本社所在地 東京都港区芝大門2丁目11番8号 住友不動産芝大門2丁目ビル
電話番号 03-6684-6860
公式サイト https://www.mbl.co.jp/

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?