カイオム・バイオサイエンス

目次

カイオム・バイオサイエンスの強み

ヒト抗体をトリの免疫細胞を用いて生み出す抗体作製技術「ADLib®システム」の実用化を目指し、2005年に設立されたカイオム・バイオサイエンス社。この技術に加えて抗体創薬基盤という新たな軸を設け、医療への一層の貢献を目指した事業を行っています。

モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

カイオム・バイオサイエンスのモノクローナル抗体作製受託サービス

モノクローナル抗体作製受託サービスの概要

カイオム社ではトリ免疫細胞を用いたモノクローナル抗体作製システム(ADLib®システム)による抗体作製受託事業を行っています。ニワトリのB細胞にはさまざまな抗体を生み出すメカニズムがあり、トリコスタチンAという薬剤を使って人為的に活性化した上で試験管内でモノクローナル抗体産生細胞の集団(ライブラリ)を作り出し、ターゲットの抗原に結び付く抗体を取得できるのがカイオム社の抗体作製受託サービスです。

モノクローナル抗体作製受託サービスの特長

従来の免疫法では困難な抗原に対する抗体を取得できる

ヒトを含む動物は、体内に異物を検出すると免疫反応が起こり抗体が産生されます。しかしもともと自身を構成している成分に関しては免疫寛容が起こり、抗体をつくれなくなります。

これは例えマウスとヒトの間であってもそうで、種を超えて受け継がれたタンパク質には類似しているところがあり、マウスからでも効果的な抗体を取得できるとは限りません。試験管内で抗体を取得する「ADLib®システム」は免疫寛容の制限を受けないため、より求める精度の抗体を取得しやすくなるのがポイントです。

抗体を迅速に取得できる

試験管で全行程を取り行うことができる「ADLib®システム」では、わずか10日間で抗原に対して特異的に結合する抗体を判定することが可能です。他の技術と比較しても抗体を取得できるまでの期間が短い傾向にあり、よりスピーディーに抗体を得たいと考えている方におすすめできる手法です。

オリジナルなライブラリを創出できる

求める抗体の発見に近づけるため、カイオム社ではこの多様性を確保するためにニワトリの免疫システムを利用しているのが特徴。

ニワトリのB細胞由来のDT40細胞が持つ遺伝子を置き換える特性と、カイオム社が持つDT40を活性化する技術を組み合わせることでオリジナルなライブラリを創出することが可能です。

モノクローナル抗体取得サービスの技術力

トリ免疫細胞を用いたモノクローナル抗体作製システムの「ADLib®システム」は、カイオム社ならではの独自技術。このライブラリから目的抗体を発現している細胞だけをセレクションすることで、求める抗体を取得できます。

標的の抗原に付けられた磁気ビーズによって、その抗原と結合可能な抗体産生細胞だけを集め、より強い結合力を持つ細胞をソーティングで選抜することもできます。

この磁気ビーズによるセレクション・ソーティングに、培養上清を用いてELISAスクリーニングを加えた工程を、実作業として10日程度で行うことができるのも「ADLib®システム」のメリットと言えるでしょう。

カイオム・バイオサイエンスの会社情報

会社名 株式会社カイオム・バイオサイエンス
取得可能な動物 ニワトリ・ヒト
本社所在地 東京都渋谷区本町三丁目12番1号 住友不動産西新宿ビル6号館
電話番号 03-6383-3561
公式サイト https://www.chiome.co.jp/

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?