ヒト

マウスなど動物由来のモノクローナル抗体を医薬品に用いる場合、ヒトの体内では異物とみなされることで、安全性や効果の面で問題があります。そのため国内外で承認されている抗体医薬品の多くは、ヒト化抗体に改変され医薬品として使用されています。

一方、最近ではB細胞から直接抗体を取得する方法やB細胞由来のライブラリーから抗体を作製する方法、そして完全ヒト抗体産生マウスの開発など、動物由来の抗体を改変するのではなく、直接的にヒト抗体を作製する技術が開発され注目されています。

ヒトのモノクローナル抗体の特徴

免疫反応を引き起こす可能性が低い

ヒトのモノクローナル抗体は、マウスなど他の動物種から取得した抗体とは異なり、ヒト由来の抗体のため、体内で免疫反応を引き起こす可能性が低いことが特徴です。免疫反応を引き起こし、免疫原性がある可能性がある他の動物種の抗体と比べて、医薬品に用いられる抗体として安全性の高さが期待できます。

特異性の高いプローブが期待できる

病変部位に特異的に存在する分子に対する抗体がヒトの体内でつくられる事も知られており、このような抗体は、腫瘍マーカーなど疾患マーカーを識別する特異性の高いプローブとしての応用が期待されます。

また、特異性の高さを活用し、自己免疫疾患や感染症などのヒトの体内で機能する抗体を解析することも可能です。その結果、疾患と免疫の関連性や、疾患の詳しい側面などが明確になるでしょう。

マウスで取れない抗体が見つかる
動物種別モノクローナル抗体作製受託会社4選

おすすめのヒトモノクローナル抗体作製受託サービス

Googleで「モノクローナル 抗体受託」のキーワードで検索し、上位100位までに表示されたサイトから受託会社として公式HPが確認できた55社を抽出しました。その中でヒト由来のモノクローナル抗体に対応し、自社で抗体作製の技術を有するのある企業をご紹介します(2024年1月31日調査時点)。

iBody株式会社

iBodyHPキャプチャ

引用元:iBody公式サイト(https://www.ibody.co.jp/)

iBody株式会社は、抗体の取得に優れた強みを持つ、名古屋大学発のベンチャー企業です。神戸大学の研究グループは、iBody社のEcobody技術によってコロナウイルス(SARS-Cov-2)変異株に対する広域中和抗体の取得に成功しました。

基盤となる技術は、シングルセル技術とセルフリー抗体作製技術で、この2つの組み合わせによって網羅的かつ迅速に目的の抗体を探索できるようになりました。これらの技術に関連して2つの特許を取得しています。

抗原・ヒト病原性ウイルス(コロナウイルス変異株を含む)
・がん組織・がん細胞
・自己免疫疾患の原因となる物質
おおよその必要期間最短1か月程度(動物の免疫期間は含まない)
納品物・抗体遺伝子と配列情報(10クローン~)
・リコンビナント抗体
対応オプションフル解析~簡易解析

iBodyの
抗体探索受託サービスを
公式サイトで見る

iBodyに電話で
問い合わせる

Ecobody技術

Ecobodyは名古屋大学で開発された革新的な特許技術です。シングルセル法と無細胞抗体発現技術を組み合わせることにより、最短2日間での抗体取得・評価を実現しました。

従来のようにハイブリドーマを作る必要がないので、増殖過程でB細胞の脱落がなく本来ヒトや動物が持っている抗体の多様性を維持したまま抗体を取得できます。

また、試験管内での反応によって抗体を発現させるので、全ての抗体を一定量発現させることができるため、最短2日間という極めて短時間での抗体取得を可能としたのです。

iBody株式会社のモノクローナル抗体作製受託の事例

多様なコロナウイルス変異株に対して中和中和活性を示すヒトモノクローナル抗体を作製

Ecobody技術を活用したことで、多様なコロナウイルス変異株に対して中和活性を示すヒトモノクローナル抗体を取得できました。取得した抗体のうち10分の1の高確率で、強力な中和抗体が取得できたことに満足され、2回目の抗体取得についても依頼している事例です。

参照:Ecobody技術によるヒト抗体探索の成功事例│iBody株式会社

Ecobody技術について
iBodyの公式サイトで見る

iBodyに電話で
問い合わせる

基本情報

公式HPhttps://www.ibody.co.jp/
電話番号052-753-8654

モノクローナル抗体作製
受託会社「iBody」の
詳細はこちら

医学生物学研究所(MBL)

医学生物学研究所(MBL)HPキャプチャ

引用元:株式会社医学生物学研究所(MBL)公式サイト(https://www.mbl.co.jp/)

1961年に日本で初めての抗体メーカーとして設立された医学生物学研究所(MBL)では、ファージディスプレイ法およびハイブリドーマ法でのモノクローナル抗体取得サービスを提供しています

抗原リコビナントタンパク質・細胞・ペプチドなど
おおよその必要期間納期はファージディスプレイ法で7.5~8.5カ月
ハイブリドーマ法で7.5カ月
納品物記載なし
対応オプション記載なし

MBLの
抗体探索受託サービスを
公式サイトで見る

MBLに電話で
問い合わせる

独自のフュージョンパートナーとの融合法(SPYMEG)

現在はミエローマ細胞を用いたハイブリドーマが主流ですが、MBLでは奥羽大学薬学部の山本正雅教授と共同で開発した「SPYMEG」という細胞を利用します。

「SPYMEG」を利用することで効率良くハイブリドーマを作成することに成功。長期間安定して抗体を生産する能力を保持し、大量培養や精製を可能としました。

また、SPYMEGで作製された抗体は人体内で自然に産生されるタイプの抗体であり、治療薬開発、抗体機能の研究、抗原の同定、ワクチン開発など、人間の免疫系に関する幅広い研究への応用が期待されます。

医学生物学研究所(MBL)のモノクローナル抗体作製受託の事例

公式HPに記載ありませんでした。

SPYMEGについて
MBLの公式サイトで見る

MBLに電話で
問い合わせる

基本情報

公式HPhttps://www.mbl.co.jp/
電話番号03-6684-6860

モノクローナル抗体作製
受託会社「MBL」の
詳細はこちら

ジーンフロンティア

ジーンフロンティアHPキャプチャ

引用元:ジーンフロンティア公式サイト(https://www.genefrontier.com/)

ジーンフロンティア株式会社は、動物を使用せずに大腸菌を用いた抗体作製や、HuCAL®テクノロジーによって抗体を作製している企業です。動物免疫に依存しない方法を用いているため、動物免疫では難しい抗体作製もできます。

抗原記載なし
おおよその必要期間記載なし
納品物記載なし
対応オプション抗原の調製
抗体作製後の親和性向上
候補抗体の数の増加や抗体の追加調製
など

ジーンフロンティアの
抗体探索受託サービスを
公式サイトで見る

ジーンフロンティアに電話で
問い合わせる

HuCAL®テクノロジー

ジーンフロンティアが使う「HuCAL®テクノロジー」は、MorphoSys社が開発した、ヒトのFab抗体を組み込んだ大規模なライブラリー(HuCAL PLATINUM® library)とCysDisplay®技術の2つを基盤とした技術です。

試験管内で抗体の選択と生産を行える、動物に依存しない抗体作製を行います。具体的には、ファージディスプレイ技術を使用して、多様な抗体の中から特定の抗原に強く結合するFab抗体を選択し、その遺伝子を大腸菌で発現させて抗体を精製します。

短期間で開発し、研究、診断、治療用途に応じた特殊な抗体を提供でき、様々な抗原に対する高い特異性を持つ人工抗体の迅速な開発を可能としています。

ジーンフロンティアのモノクローナル抗体作製受託の事例

具体的な事例は公式HPに記載ありませんでした。しかし、全世界で10年以上・14,000もの抗体を作製した実績があるとしています。詳しくは公式HPよりお問い合わせください。

参照:抗体職人│ジーンフロンティア

HuCAL®テクノロジーについて
ジーンフロンティアの公式サイトで見る

ジーンフロンティアに電話で
問い合わせる

基本情報

公式HPhttps://www.genefrontier.com/
電話番号04-7137-6301

モノクローナル抗体作製
受託会社「ジーンフロンティア」の
詳細はこちら

市販のヒトのモノクローナル抗体

Googleで「ヒト モノクローナル抗体 実験用」のキーワードで検索し、上位50位までに表示された中から、公式HPでヒト由来の抗体製品が確認できた6社をご紹介します(2024年2月15日調査時点)。

なお、ヒト抗体に関しては市販の抗体が広く使用されていますが、市販の抗体がない場合は作製受託サービスがおすすめです。

コスモ・バイオ株式会社

  • 商品点数:2
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:1カ月~(通常パッケージ)、2.5カ月~(トライアル)
    (注:いずれもリンパ球試料を取得するまでの期間(免疫期間)およびリコンビナント抗体作製(オプション)にかかる期間を含まない)
公式HPhttps://www.cosmobio.co.jp/

タカラバイオ株式会社

  • 商品点数:1
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:公式HPに記載なし
公式HPhttps://catalog.takara-bio.co.jp/

富士フイルム和光純薬株式会社

  • 商品点数:2
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:公式HPに記載なし
公式HPhttps://labchem-wako.fujifilm.com/

フナコシ株式会社

  • 商品点数:16
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:2週間程度
公式HPhttps://www.funakoshi.co.jp/

グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社

  • 商品点数:8
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:公式HPに記載なし
公式HPhttps://www.cytivalifesciences.co.jp/

アーク・リソース株式会社

  • 商品点数:1
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:公式HPに記載なし
公式HPhttps://www.ark-resource.co.jp/

抗体取得なら受託サービスの検討を

ヒトモノクローナル抗体は、動物から取得した抗体と違ってヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が小さく、医薬品の候補として着目されています。目的に合った市販の抗体がない場合は、ヒトモノクローナル抗体作製受託サービスを利用してみてください。

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?