TOP » 解決依頼前に見る!抗体取得マニュアル » 抗体医薬品に用いられるモノクローナル抗体の種類

抗体医薬品に用いられるモノクローナル抗体の種類

目次

抗体医薬品として用いられるモノクローナル抗体の分類としては、マウス抗体、キメラ抗体、ヒト化抗体、完全ヒト抗体の4つが有名です。では、それぞれの抗体にはどのような特徴があるのでしょうか。このページで詳しく解説しています。

※参照元:中外製薬公式サイト(https://www.chugai-pharm.co.jp/ptn/bio/antibody/antibodyp13.html

マウス抗体

マウス抗体はマウスの抗体産生細胞から作られるモノクローナル抗体です。人体にとっては異物であるためアレルギー反応を引き起こす懸念があり、そもそも人体に入ると反応が弱くなることもあります。キメラ抗体やヒト化抗体は人体にとってより安全で反応性が高い抗体を作りだす研究の結果開発されたものであり、キメラ抗体やヒト化抗体の登場によってモノクローナル抗体は医薬品として使えるようになりました。

キメラ抗体

遺伝子工学の技術を用いてマウス抗体の遺伝配列を部分的にヒト抗体の遺伝配列に置換して作成したモノクローナル抗体がキメラ抗体です。抗原に結合する先端の部分にのみマウス抗体を残し、残りの部分をヒト抗体で置き換えた構造となっております。

ヒト化抗体

マウス抗体に由来する部分をキメラ抗体よりもさらに少なくしたのがヒト化抗体であり、英国のWinter医師によって1998年に開発されました。相補性決定領域(CDR)にのみマウスの抗体を残し、相補性決定領域を支えるフレームワーク領域(FR)はまるごとヒト抗体で置き変えられた構造になっており、全体のうちでマウス抗体に由来する部分は10%程となっています。

人体においてはヒト免疫グロブリンとして認識されるため、異物として作用しアレルギー反応を引き起こす可能性がほぼないのがヒト化抗体です。

完全ヒト抗体

ヒト型抗体と呼ばれることもある完全ヒト抗体は、マウスの抗体由来の部分を全く含まないモノクローナル抗体であり、人体との完全な親和性を持ちます。完全ヒト抗体の作成には様々な方法があり、代表的なものとしては、ヒトの抗体産生細胞が移植されたトランスジェニックマウスを使う方法や、バクテリオファージを使用するファージディスプレイ法などがあります。またシングルセル法でヒトのB細胞から直接遺伝子を増幅し、抗体を作製する技術や取得方法も確立されています。

今日では、世界各国の様々な研究機関で完全ヒト抗体に関する研究が行われており、さらなる技術開発が期待されている領域の一つです。特に、20年以上前に東京薬科大学生命科学部教授の冨塚一磨氏が世界で初めて染色体導入ヒト抗体産生マウスを開発した我が国では、完全ヒト抗体の研究が盛んに行われています。


モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?