iBody

目次

iBodyの強み

名古屋大学から生まれた抗体ベンチャーのiBody株式会社。2018年に発足したばかりのスタートアップ企業ではあるものの、大学の長年の研究で培われたヒトや動物から迅速かつ効率的に、モノクローナル抗体を取得できる高い技術力を持っています。

同社は、個々のB細胞から抗体遺伝子を増幅し、無細胞抗体発現という試験管内での反応による抗体作製を可能にした特許技術「Ecobody技術」を有しており、従来の技術では取得困難とされてきたウサギやヒト由来の高性能なモノクローナル抗体を、最短2日※で取得可能です。

※参照元:iBody株式会社公式サイト(https://www.ibody.co.jp/technology/)


モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

iBodyのモノクローナル抗体作製受託サービス

概要

iBodyのモノクローナル抗体作製受託サービスは、まず免疫したウサギの血液や脾臓、ヒトの血液や組織を採取し、リンパ球を調製するところから始まります。その後、FACSによる目的抗体を発現しているB細胞の解析を行います。

目的抗体の探索には、iBodyの特許技術である「Ecobody技術」を使います。目的抗体を発現している陽性細胞を1細胞ずつに分離し、シングルセル法による逆転写PCRおよび必要配列の付加を行い、無細胞抗体発現によるFab抗体の作製と、ELISAによる評価を実施します。

この工程後に、ELISA評価の結果選んだ抗体(10クローン~)の遺伝子と配列情報での納品を成果物として納品します。また、リコンビナント抗体を作製してIgG抗体として納品することも可能です。

特長

特許技術「Ecobody技術」による高精度抗体の取得

iBody社最大の強みは、特許技術「Ecobody技術」にあります。この技術ではこれまで取得が困難だったウサギやヒト由来の有用なモノクローナル抗体を、効率的に取得できるのがポイント。

マウス抗体では取得するのが難しかった低分子抗原や、タンパク質のわずかなアミノ酸変異や翻訳語修飾を識別する高機能なウサギモノクローナル抗体、ヒトの体内で実際に機能している抗体を取得できます。

免疫からIgG抗体作製までワンストップでサービスを提供

iBodyでは、抗原ペプチドの作製・免疫から抗体の探索、リコンビナント抗体の作製まで、さまざまなニーズに応じた柔軟な対応が可能。自社技術である抗体探索の前後のプロセスもiBody社が窓口となることで、ワンストップサービスを実現しています。

また、解析を簡略化したプランからフル解析のプラン、要望に応じたオプションにも対応しているのが強みです。

受託サービスを超えた共同研究も実施

取得困難なモノクローナル抗体は製薬企業だけではなく、試薬・診断薬製造会社やアカデミックな組織など、幅広い業界が求めています。

より取得難易度の高い抗体を必要とするプロジェクトが進行していることも多く、その場合は受託サービスの範囲を超えた共同研究を行うこともあります。パートナーとともに抗体探索・評価を進めることで、より有用なモノクローナル抗体の取得につなげられるのが大きな魅力です。

iBodyの技術力

名古屋大学大学院生命農学研究科の中野秀雄教授らによって開発されたEcobody技術は、シングルセル法と無細胞抗体発現技術を組み合わせた抗体探索技術

従来技術のようにB細胞を不死化させて増殖させる必要がなく、個々のB細胞から抗体遺伝子を取得するため、ヒトや動物が本来持っている抗体の多様性を維持したまま抗体を取得することができます。そのため有用な抗体の取りこぼしがなく、従来技術では取得困難であった抗体の取得を可能にしています。

さらに、特許技術である無細胞系で抗体を発現するため、最短2日間という極めて短期間で抗体を取得し評価することが可能になりました。同社では、この独自性の高い特許技術の独占的実施権の許諾を名古屋大学より受け、ウサギ及びヒトのモノクローナル抗体作製受託サービスを提供しています。

iBodyの会社情報

会社名 iBody株式会社
抗体取得が可能な動物 ウサギ ・ヒト・アルパカ他
本社所在地 愛知県名古屋市千種区千種2-22-8 名古屋医工連携インキュベータ417
電話番号 052-753-8654
公式サイト https://www.ibody.co.jp/

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?