バイオアカデミア

目次

バイオアカデミアの強み

バイオアカデミアは、大学や研究機関に眠る研究成果を発掘して、世界のマーケットに販売するバイオベンチャー。生物学研究用試薬の製造と販売を手がけ、高い水準の抗体ラインアップは同社の強みのひとつです。

モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

バイオアカデミアのモノクローナル抗体作製受託サービス

モノクローナル抗体作製受託サービスの概要

腸骨リンパ節法の特許ライセンスを受け、信頼性の高いモノクローナル抗体をラットおよびマウスの免疫から短期間で提供。バイオアカデミアのモノクローナル抗体取得サービスは、リスクの低い完全成功報酬制です。

モノクローナル抗体作製受託サービスの特長

成功報酬制

製品評価の方法と費用は、受注前に発注者と相談で決定。特に難易度の高い抗体作製の場合は、発注者が期待通りの抗体であることを確認した時点で成功とし請求が発生する成功報酬制です。もし、希望した抗体が作製できなかった場合は、抗体作製にかかった試薬などの基本的な費用のみの請求となります。

綿密な打ち合わせ

バイオアカデミアのモノクローナル抗体取得サービスは、綿密な打ち合わせも特長のひとつ。専任の抗体技術専門員による、抗原デザインや抗体設計などのヒアリングはもちろん、漏れのないように細かく気を配った打ち合わせを行っています。さらに、必要に応じて訪問やWebミーティングなどのサポート体制も用意されています。

動物実験の倫理

バイオアカデミアでは「動物愛護および管理に関する法律」を遵守。そのため、腹水での抗体産生を行っていません。また、受託する抗体作製サービスや動物免疫実験においても、代替、削減、できる限り苦痛を与えない「3Rの原則」に配慮し、適切に実施。倫理的に適正な動物実験に取り組んでいます。

モノクローナル抗体取得サービスの技術力

世界水準の品質の製品を国内外で販売 バイオアカデミアでは、高度な技術と豊富な経験をもつ専門家を中心に、高品質で合理的な価格のモノクローナル抗体作製受託サービスを行っています。モノクローナル抗体は、マウスおよびラットの免疫から行い、細胞融合、スクリーニング、クローニング、抗体 提供までを代行。必要に応じて専門家の派遣やWebミーティングを行い、見積りや相談にも応じています。

また、同社で世界中の研究者に供給している細菌毒素タンパク質や抗体のラインアップは、世界的にみても高い水準であり、遺伝子工学用試薬は、業務用として高品質な商品を廉価で提供するなど、研究や創薬支援にも貢献しています。

バイオアカデミアの基本情報

会社名 バイオアカデミア株式会社
取得可能な動物 マウス・ラット
本社所在地 大阪府吹田市山田丘3-1 大阪大学微生物病研究所 北館3F
電話番号 06-6877-2335
公式サイト https://www.bioacademia.co.jp/

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?