ティー・ケー・クラフト

目次

ティー・ケー・クラフトの強み

モノクローナル抗体の受託生産をメインに、ポリクローナル抗体や腹水作製、蛋白精製、細胞培養など、抗体に関することなら、すべて請け負うティー・ケー・クラフト。豊富なオプションが強みのベンチャー企業です。

モノクローナル抗体の探索依頼は
「動物を知る」ことから

標的に結合するモノクローナル抗体を探索するなら、求める親和性や特異性を発揮できる動物選びが重要。動物の特性を正しく理解し、適した手法で取得できる受託会社に依頼しましょう。

このサイトでは、動物の特徴や取得手法の違いをお伝えした上で、動物種別のおすすめモノクローナル抗体作製受託会社をご案内しています。委託先選びの参考にしてみてください。

モノクローナル抗体作製
受託会社のおすすめを
動物から見つける

ティー・ケー・クラフトのモノクローナル抗体作製受託サービス

モノクローナル抗体作製受託サービスの概要

ティー・ケー・クラフトで対応できる動物個体は、マウスとラット。モノクローナル抗体作製の基本価格は、マウス5匹使用のケースで、トータル価格1,457,500円(税込)、セクション1だけであれば27,500円(税込)※です。

※参照元:ティー・ケー・クラフトHP(http://www.tkcraft.co.jp/page/monoab.htm)
・2023年7月1日時点での調査

モノクローナル抗体作製受託サービスの特長

オプションや指定プロトコルにも対応可能

モノクローナル抗体の作製については、各セクションごとにわかりやすい基本価格が設定されていますが、それ以外の指定プロトコルについても対応が可能。また、培養上清作製やクローニングなどのオプションにも対応しています。

モノクローナル抗体の注文にあわせた各種割引

ティー・ケー・クラフトでは、モノクローナル抗体を注文した場合、ハイブリドーマによるモノクローナル抗体のサブクラス決定を無料で行っています。さらに、モノクローナル抗体を使った腹水化などを注文した場合も料金の割引があるなど、お得なサービスを用意しています。

リスク軽減にも配慮した抗体作製

モノクローナル抗体の作製は、3つのセクションに分けて進められるティー・ケー・クラフトの取得サービス。モノクローナル抗体の作製では、確実に発注者が求めるハイブリドーマが得られるとは限りません。そのため同社では、こうしたリスクを少しでも軽減できるように、セクションごとの価格設定をしています。

モノクローナル抗体取得サービスの技術力

抗体に関することなら丸ごとお任せ 抗体に関することなら、すべて請け負うティー・ケー・クラフト。モノクローナル抗体だけでなく、ポリクローナル抗体や腹水作製、蛋白精製、細胞培養など、抗体に関する作業に幅広く対応しています。

また、モノクローナル抗体を注文した場合は、ハイブリドーマによるモノクローナル抗体のサブクラス決定を無料で行ったり、腹水化などを注文した場合の割引など、お得なサービスを用意している点も、利用しやすさになっています。

特に、モノクローナル抗体作製では、希望するハイブリドーマが得られるとは限らないため、モノクローナル抗体作製を3つのセクションに分け、費用負担を軽減。それぞれのセクションで結果を確認しながら、次のセクションに移行したり中止したりを選択可能にすることで、リスクを軽減させています。

ティー・ケー・クラフトの基本情報

会社名 株式会社ティー・ケー・クラフト
取得可能な動物 マウス・ラット
本社所在地 群馬県高崎市吉井町多胡30番地
電話番号 027-387-8779
公式サイト http://www.tkcraft.co.jp/

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?