ウサギ

ウサギの抗体は一般に利用されるげっ歯類にはない特徴を持っています。マウスやラットでは取得できない抗体も、ウサギであれば取得できる可能性は高くなります。

従来、ウサギモノクローナル抗体を作製する過程ではハイブリドーマの作製効率が低いという問題がありました。しかし、現在では シングルセル法で効率的に取得できる(※1)ようになったり、融合効率と安定性に優れた240E-W2などのの細胞株が開発(※2)されたりと、実用的な技術が登場しています。

この記事ではウサギモノクローナル抗体に関して、販売されている抗体と受託作製サービスについてそれぞれ解説していきます。

※1参照:Ecobody技術│iBody
※2参照:RabMAb®技術:その必要性、挑戦、ブレークスルー│abcam

ウサギのモノクローナル抗体探索・取得の特徴

ウサギは、抗体作製で利用する動物として他の動物種にはない優れた特徴をいくつか持っています。例えば低分子化合物をターゲットとする場合、マウスやラットでは抗体の取得が困難ですが、ウサギであれば成功する可能性が高くなります。

高い抗原認識能力

ウサギの抗体は、たった1つのアミノ酸の違いでも識別できるような微細な違いも認識できる能力を持っています。また、リン酸化やグリコシル化などの翻訳後修飾の微細な違いも見分けられ、さらにマウスやラットといったげっ歯類ではできない、ヒト抗原のエピトープを認識できる可能性もあります。

低分子化合物に対する認識能力

マウスやラットなどのげっ歯類の場合、低分子化合物を抗原として使用しても抗体の取得には適していません。

対してウサギの場合、低分子ペプチドやその他の低分子化合物に対しても強い免疫反応を示すなど、他の動物種にはない特長があります。

抗原に対する高い結合能力

ウサギの抗体は、相補性決定領域(CDR)内のアミノ酸が豊富であるため、抗原に対する結合能力が非常に高いです。例えば、マウスのH鎖のHCDRには最大で15のアミノ酸が含まれるのに対し、ウサギでは最大で20のアミノ酸が含まれます。これが高い親和性と多様性をもたらします。

また、ウサギの抗体は熱にも強いため、さまざまなアプリケーションに利用されています。ウエスタン・ブロッティングやELISAだけでなく、免疫組織染色や免疫細胞染色などの染色用途でも利用可能です。さらに、安定性や高い感度が要求される診断薬の開発への応用にも期待されています。

B細胞のレパートリーが豊富

B細胞のレパートリーが豊富な点もウサギの特徴です。1つのB細胞は1種類の抗体しか作れません。しかし、ウサギはB細胞のレパートリーが豊富なので、他の動物種では抗体ができない場合でも作成できる可能性があります。

実験動物として体が大きい

ウサギはマウスなどに比べると体が大きいので、より多くの組織や血液の取得が可能です。複数回採血を行えることから、途中段階での抗体価を評価しながら抗体作製を進められるメリットがあります。

おすすめのウサギモノクローナル抗体作製受託サービス

「モノクローナル 抗体受託」でヒットした100サイトの中から、抗体受託会社として公式HPが確認できた55社のうち、ウサギ由来のモノクローナル抗体に対応し、自社内に抗体作製が可能な設備のある企業をご紹介します(2024年1月31日調査時点)。

iBody株式会社

iBodyHPキャプチャ

引用元:iBody公式サイト(https://www.ibody.co.jp/)

iBodyは、ウサギおよびヒトのモノクローナル抗体探索の受託サービスを提供しています。マウス抗体では取得困難な低分子抗原、わずかなアミノ酸の変異や修飾などを識別する抗体の取得が可能です。

さらにEcobody技術により、従来の抗体医薬品では十分な効果が得られなかった疾患に対しても有効性のある医薬品の研究開発を進めています。

抗原一般的なタンパク質、ペプチドの他、リン酸化ペプチドなどの翻訳後修飾、低分子抗原、抗体医薬品、核酸医薬品など
おおよその必要期間最短1か月程度(動物の免疫期間は含まない)
納品物抗体遺伝子と配列情報(10クローン~)
リコンビナント抗体
対応オプションフル解析~簡易解析
Ecobody技術

Ecobodyは名古屋大学で開発された革新的な特許技術です。シングルセル法と無細胞抗体発現技術を組み合わせることにより、最短2日間での抗体取得・評価を実現しました。

従来のようにハイブリドーマを作る必要がないので、増殖過程でB細胞の脱落がなく本来ヒトや動物が持っている抗体の多様性を維持したまま抗体を取得できます。

また、試験管内での反応によって抗体を発現させるので、全ての抗体を一定量発現させることができるため、最短2日間という極めて短時間での抗体取得を可能としたのです。

iBodyの
抗体探索受託サービスを
公式サイトで見る

iBodyに電話で
問い合わせる

基本情報

公式HPhttps://www.ibody.co.jp/
電話番号052-753-8654

モノクローナル抗体作製
受託会社「iBody」の
詳細はこちら

ジェンスクリプトジャパン株式会社

ジェンスクリプトジャパンHPキャプチャ

引用元:ジェンスクリプトジャパン公式サイト(https://www.genscript.jp/)

ジェンスクリプトグループは約1.5万件のプロジェクト(※)を行ってきた実績のあるグローバルカンパニーです。

モノクローナル抗体を作製においては、独自のOptimum Antigen Designツールによって抗原設計からペプチド合成、動物免疫、抗体精製、QC検定まで一貫したワンストップサービスを提供しています。動物施設・実験施設は、AAALAC International(国際実験動物ケア評価認証協会)とOLAW(NIH実験動物福祉部門)から実験動物の適切な管理と使用を行う施設として認証を受けています。

※参照元:抗体作製・生産サービス│GenScript

抗原タンパク質、ペプチド、低分子化合物、DNA、mRNA、ウイルス様粒子(VLP)、細胞株など
おおよその必要期間最短13週間
納品物・精製抗体(リコンビナント抗体)
・シークエンスレポート
対応オプション追加のシークエンシングおよび上清の提供など
MonoRabテクノロジー

ジェンスクリプト社が独自に開発したB細胞クローニング技術により、目的とする抗原に対して多様で高い親和性を持つウサギモノクローナル抗体を短期間・低価格で作製できます。

ジェンスクリプトの
抗体探索受託サービスを
公式サイトで見る

ジェンスクリプトに電話で
問い合わせる

基本情報

公式HPhttps://www.genscript.jp/
電話番号03-6811-6572
営業時間月曜~金曜(祝日、年末年始は除く)9:00~18:00

モノクローナル抗体作製
受託会社「ジェンスクリプトジャパン」の
詳細はこちら

株式会社バイオロジカ

バイオロジカHPキャプチャ

引用元:バイオロジカ公式サイト(https://www.biologica.co.jp/)

バイオロジカ社では、ハイブリドーマおよびファージディスプレイによるモノクローナル抗体作製サービスを提供しています。DNA合成の分野ではプライシングリーダーとして市場の形成に貢献しています。

抗原公式HPに記載なし
おおよその必要期間抗原情報(ペプチド配列、遺伝子)提供から抗体作製まで70日間
納品物公式HPに記載なし
対応オプション公式HPに記載なし
ファージディスプレイ技術による
モノクローナル抗体作製

ウサギのモノクローナル抗体作製では、一般的に利用されるハイブリドーマ技術ではなく、Creative BioLabs社のファージディスプレイ抗体ライブラリ技術によって独自のウサギモノクローナル抗体生産プラットフォームを構築しています。

バイオロジカの
抗体探索受託サービスを
公式サイトで見る

バイオロジカに電話で
問い合わせる

基本情報

公式HPhttps://www.biologica.co.jp/
電話番号052-262-6732
営業時間平日 10:00~17:00

モノクローナル抗体作製
受託会社「日本シノバイオロジカル」の
詳細はこちら

株式会社医学生物学研究所
(MBL-A JSR Life Sciences Company)

医学生物学研究所(MBL)HPキャプチャ

引用元:株式会社医学生物学研究所(MBL)公式サイト(https://www.mbl.co.jp/)

1969年の創業以来、4,000品目以上の抗体製品を自社で開発(※)。このノウハウを生かした抗体作製受託サービスは、受託前のコンサルテーションから納品後対応までサポートし、18年間で10,000件以上のカスタム抗体(※)を作製しました。

受託や共同開発を通じて200以上のターゲット分子に対する抗体医薬を開発し、抗体関連の自社保有ライセンスは20以上、自社で開発してライセンスアウトした特許は6件です。

※参照元:株式会社医学生物学研究所(MBL)

抗原公式HPに記載なし
おおよその必要期間7.5カ月
納品物IgG抗体
対応オプション公式HPに記載なし
ファージディスプレイ技術による
ウサギモノクローナル抗体作製

ポリクローナル抗体の評価結果をもとにモノクローナル化の過程に進みます。

免疫した後、リンパ組織からRNAを抽出して、抗体ファージライブラリを作製。抗原に特異的なscFV抗体を単離して抗体遺伝子配列を解析、最後にscFv抗体をIgG化して調製します。

医学生物学研究所の
抗体探索受託サービスを
公式サイトで見る

医学生物学研究所に電話で
問い合わせる

基本情報

公式HPhttps://ruo.mbl.co.jp/
電話番号03-6684-6860(代表)、0265-93-1707(製品の問い合わせ)
営業時間公式HPに記載なし

モノクローナル抗体作製
受託会社「医学生物学研究所(MBL)」の
詳細はこちら

極東製薬工業株式会社

細胞工学研究所HPキャプチャ

引用元:極東製薬工業株式会社公式サイト(https://www.kyokutoseiyaku.co.jp/)

極東製薬⼯業株式会社は、⽶国Abwiz Bio社と提携し、Abwiz Bio社が独自開発した抗体親和性向上サービス(Affinity Maturation)、カスタム抗体作製サービスをはじめ、ウサギモノクローナル抗体取得サービスを日本国内向けに提供しています。

抗原・リン酸化、メチル化、グリコシル化タンパク質
・低分子化合物(ホルモンなど)
・ウイルス(SARS-CoV-2 vs. SARS-CoV)
・イディオタイプ
・Gタンパク質共役受容体(GPCR)
おおよその必要期間6カ月
納品物任意の発現ベクターで全長IgG発現が可能な抗体遺伝子配列を納品
対応オプション・リコンビナント抗体作製
・ヒト化抗体作製
・個々のクローンのシークエンス解析

RabWizTMテクノロジー

ウサギが持つ数十億以上の抗体遺伝子の抗体ライブラリを利用し、多様なパニング・スクリーニング法によって高い精度で目的抗体を選抜します。独自のWizAmp法を用いてクローニングの精度を飛躍的に高め、遺伝子ライブラリのカバレッジを最大化することに成功しました。

従来、ウサギのモノクローナル抗体作製は難しいとされてきました。しかし、独自開発したクローニングベクターによって、大腸菌での発現にバイアスがかからないよう特殊なエンジニアリング技術を駆使し、重要抗体の取りこぼしの可能性を最小限に抑えています。

極東製薬工業の
抗体探索受託サービスを
公式サイトで見る

極東製薬工業に電話で
問い合わせる

基本情報

公式HPhttps://www.kyokutoseiyaku.co.jp/
電話番号03-5645-5661(代表)、03-5645-5664(製品に関する問い合わせ)
営業時間9:00~17:30(祝祭日および夏期、年末年始の休業日を除く)

モノクローナル抗体作製
受託会社「極東製薬⼯業」の
詳細はこちら

市販のウサギのモノクローナル抗体

Googleで「ウサギ モノクローナル抗体 実験用」のキーワードで検索し、上位50位までに表示された中から、公式HPでウサギ由来の抗体製品が確認できた会社のうち、商品点数が多かった5社を上からご紹介します(2024年2月6日調査時点)。

さまざまな用途に利用される抗体が数多く市販されていますが、目的とする抗体がない場合はモノクローナル抗体の受託作製サービスを利用すると良いでしょう。

重松貿易株式会社

  • 商品点数:2,225
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:公式HPに記載なし
HPhttps://www.shigematsu-bio.com/

シグマアルドリッチ

  • 商品点数:2,201
  • その他検出システムなどの取り扱い:検出のためにどのような抗ウサギ二次抗体でも使用可能
  • おおよその納期:公式HPに記載なし
HPhttps://www.sigmaaldrich.com/

株式会社日本シノバイオロジカル

  • 商品点数:135
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:公式HPに記載なし
HPhttps://jp.sinobiological.com/

ナカライテスク株式会社

  • 商品点数:28
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:在庫があれば1~3日、なければ7~10日
HPhttps://www.nacalai.co.jp/

フナコシ株式会社

  • 商品点数:16
  • その他検出システムなどの取り扱い:公式HPに記載なし
  • おおよその納期:公式HPに記載なし
HPhttps://www.funakoshi.co.jp/

モノクローナル抗体作製会社の特徴を理解し、適切な委託先を選ぼう!

ウサギはモノクローナル抗体の取得に極めて有用な動物です。市販でも多くのウサギモノクローナル抗体が発売されており、ウサギの抗体作製を受託している会社も多数あります。

目的の抗体を取得するためにはそれぞれの製品や会社の特長をしっかりと把握することが重要です。そして適切な委託先を選ぶことで、求める高品質な抗体を取得することができ、研究開発を加速させることができます。各社の特色を正確に理解し、プロジェクトニーズに合ったパートナーを選ぶことが成功の鍵となります。

本サイトでは、抗体取得に有益な情報を多数掲載しています。目的とする抗体を取得できずに困っているのであれば、以下のページを参考にしてください。

【39社で比較】
モノクローナル抗体作製
受託サービス会社一覧

【動物を知る】
欲しい抗体を取得できるのは
どの動物?

定番のマウスやラット以外の動物にはどういう特徴があり、どんな抗体を得られるのか。ここではその違いを詳しくまとめました。

 
親和性・特異性の高い抗体を取得できる
ウサギ

ウサギモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 高い親和性と特異性を活かした免疫染色を実施したい
  • わずかな違いのある抗原を見分け、低分子抗原を高感度に検出したい
  • 高感度な診断薬を開発したい

ウサギモノクローナル抗体の特徴

  • 特異性・親和性が高い
  • 抗原認識能が多様
  • 低分子・糖脂質などに対しても反応性を示す

ウサギモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

哺乳類では得られない
抗体を取得できる
ニワトリ

ニワトリモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 相同性が高く、哺乳類では得られなかった抗体を取得したい

  • IgY抗体を取得したい

ニワトリモノクローナル抗体の特徴

  • ヒト・マウス間で交差反応性を示す
  • 哺乳類のFc受容体に結合せず補体を活性化しない
  • 哺乳類のIgGと交差反応しない

ニワトリモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

タンパク質工学的な改変
に向く抗体を取得できる
ラクダ科動物

ラクダ科動物モノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 安定性の高いVHH抗体を取得したい
  • 低分子抗体を取得したい
  • 多価抗体や多重特異性抗体を作製したい

ラクダ科動物モノクローナル抗体の特徴

  • 温度やphに対して安定性の高いVHH抗体
  • 微生物を用いた低コスト生産が可能
  • 多価抗体や多重特異性抗体などの改変が容易

ラクダモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

ヒトの体内で機能する
抗体を取得できる
ヒト

ヒトモノクローナル抗体は
こんな目的におすすめ

  • 医薬品開発に適した抗体を取得したい
  • 感染症の感染者から感染ウイルス等を中和する抗体を同定したい
  • 自己免疫疾患の発症機構を解明したい

ヒトモノクローナル抗体の特徴

  • ヒトの体内で免疫応答を引き起こす可能性が低い
  • ヒトの体内に実在する抗原に対する抗体である

ヒトモノクローナル抗体の
おすすめ作製受託会社を見る

なぜウサギから、高性能のモノクローナル抗体を取得できるのか?

なぜウサギから、高性能の
モノクローナル抗体を
取得できるのか?

ウサギから高性能のモノクローナル抗体を
取得できるのはなぜ?